食のこと

ハリオの土鍋で簡単おいしいお米生活!

カモメ
カモメ
土鍋で炊くご飯ってなんでこんなにおいしいのかしら♪何杯でも食べれちゃうわ〜
シンパイカモメ
シンパイカモメ
カモメちゃん・・・昔からお米大好きだもんね・・・ 

子供の頃から、お腹いっぱいになった時に、おかずかお米かどっちかだけでも最後まで食べなさいと言われると、必ずお米を食べるくらいお米が大好き。

一人暮らしを始めて、最初の頃は炊飯器を使っていましたが、数年経って壊れてしまいました。それからは炊飯器のない生活でお家でお米を食べることはほとんどなくなりました。

でも・・・お米食べないとなんか元気でない⤵︎⤵︎

どーしてもお米が食べたくなって、人生で初めて鍋でお米を炊いてみたのですが、
あまりの美味しさにびっくり!!

そんなこんなで、前家では炊飯器壊れてからはお米食べたくなったら鍋で炊いていたのですが・・・
鍋炊きは火加減が難しいし、ちょっと面倒・・・・。

今回引越しを機に、ちゃんとお米食べれるようにしよう!!そしてどうせ買うならおいしいお米を!!ということでたどり着いたのが、

このハリオの土鍋↓↓


これはIH対応の雪平土鍋。直火もOKです。

直火だけのタイプはこちら↓↓


ハリオの土鍋ってどんな鍋?

お米の仕上がり

IH対応の雪平ご飯釜のほうは、ステンレスとアルミの4層構造で熱をまんべんなく伝え、ご飯をふっくら炊き上げてくれます。
直火専用のほうは、肉厚な陶器形状と吹きこぼれしにくい構造によって、ふっくら炊き上げてくれます。
どっちも、とにかくお米がふっくら炊けます!!


米粒が生き生きしてます(笑)

私は、柔らかめが好きなのですが、水の調整をするだけで私好みの少し柔らかいふんわりしたおいしいお米を炊くことができました。
おこげもできるのでおこげが好きな方にも嬉しい仕上がりになると思います。

炊き方は?

1.30分以上浸水
私は、いつもだいたい2〜3時間ほど浸水させています。

2.弱火で13〜18分ほど(ピーっというホイッスルが鳴るまで
IHの場合、火力が10段階だと4〜5、火力8段階は3〜4が目安のようです。私の家は9段階なので2〜3くらいを目安にいつも炊いています。2だと少し時間がかかるかもしれません。

3.そのまま弱火で2〜3分待つ
沸騰しピーっという音が鳴ったら(ガラス蓋内側に泡が上がってきたら)そのまま2〜3分おき、火を止める。

4.むらし15分
火を止めて蓋をしたまま15分ほどむらしたら出来上がりです。

 

どうですか?これなら簡単にできそうじゃないですか?

普通の鍋炊きだと、火加減を調整して、時間も細かくみないといけないので、結構手間がかかります。この手間さえなければ、鍋で炊くご飯も本当においしい♡

そんな、手間を省いておいしいお米が食べれるのが、このハリオの土鍋

カモメの使い方&使ってみた感想

私はいつもご飯を炊くとすぐに冷凍します。

2合炊いて→おむすびにして冷凍

最近は健康のことを考えてせっかくならと16穀米を混ぜています。

私は柔らかめが好きなので、2合を炊きますが、
水の量は3合と2合の間くらい、少し多めにいれます。
火力調整はいつも9段階中の2に設定。

あとは、ピーっという音が音がなるまで放置・・・・なのですが、いつもホイッスルが鳴る前に、IHの方が熱に耐えられなくてピーピー鳴きます。
それを合図に、10分ほど蒸らすと私好みの柔らかいご飯が炊き上がります。

なので、普通に炊こうと思ったら、お水の量は線まで入れて、火力は3くらいがちょうどいいんだと思います。

何度かすると、自分の好みの炊き方が分かってくると思うので自分好みに炊けるよう火加減や水の量を調整して見てくださいね。

ハリオ土鍋おすすめポイント

◎手間が省けて簡単に美味しご飯が炊ける

◎お手入れも簡単(フッ素加工されているので洗いやすい)

◎ガラス蓋の見た目が可愛い

◎ご飯を炊く以外にも煮込み料理もできる

◎土鍋ご飯初心者の人でも簡単に美味しく作れる

 

手軽においしいお米が炊けるのでオススメです!!
一つだけ注意点があるのですが、出来上がりを知らせてくれる「ピーっ」というホイッスル音ですが、これが意外と小さめなので、音だけは少し気にしていた方がいいかもしれません。

カモメ
カモメ
楽しておいしいお米が食べれるなんて本当に最高〜♪♪

ちなみに、IH対応の雪平土鍋だと直火もOKなので、もしガスからIHのお家に引っ越しても慌てて買い換えなくて済むので、個人的には雪平を買ってた方がいいのかなぁと思います。

土鍋ごはん、気になってハリオの土鍋チェックしてみてください〜

シンパイカモメ
シンパイカモメ
ボクも美味しいお米が食べたくてポチってしちゃったよ・・・楽しみだなぁ〜 

ハリオの土鍋はこちらでチェック↓↓